サービス概要

Lipo Cultureとは?

細胞培養上清中のリポタンパク質・脂質を詳細解析する分析サービスです。
研究対象素材のスクリーニング・機能性評価に活用頂けます。

活用シーン

  • スクリーニング: 脂質代謝改善作用を有する機能性食品素材の絞り込み
  • 候補素材の機能性検証:既に絞り込まれた候補素材の機能検証
  • 製品化素材の新たなエビデンスデータの取得

お客様のメリット

細胞代替法を活用し、動物試験のプロセスを削減した研究を推進することによる、コストの削減、素材評価のスピードアップ 等

分析方法

細胞培養上清に分泌されるリポタンパク質を、ゲル濾過HPLCにより粒子サイズに従って分離し、オンラインの酵素反応を行い、脂質(コレステロール及び中性脂肪)濃度を定量します。

提供データ

培養上清中に分泌されるリポタンパク質の主要4分画(CM、VLDL、LDL、HDL)および粒子サイズにて分類定義した詳細20分画における、コレステロールと中性脂肪値をご提供致します。

データ事例1.培養細胞のリポタンパク代謝

データ事例2.薬剤投与による培養細胞のリポタンパク代謝変化

スタチン系薬剤ではコレステロールの低下を、フィブラート系薬剤では中性脂肪の低下を確認でき、脂質代謝改善効果を細胞レベルで評価できた。

データ事例3.脂質代謝改善機能素材のスクリーニング活用例

スクリーニングの結果から、ジュンサイの脂質代謝改善作用が判明した。動物試験やヒト試験を企画する根拠となった。

データ事例4.動物試験代替法としての有効性評価

【方法】C57/BL6マウスに、High Fat Diet+ジュンサイエキス(BSET) 1%を混餌し、2週間投与。
【結果】

Tissue weight Control group BSET group
Body weight (g) 26.8± 0.5 25.6± 1.5
Liver weight (mg) 1005.7±42.6 982.5±74.1
Kidney weight (mg) 165.5±31.3 153.5±15.7
Spleen weight (mg) 80.0±21.4 68.0± 9.6
Mesenteric adipose tissue (mg) 232.0±48.3 67.7±23.0
Epididymal asipose tissue (mg) 306.8±57.6 226.7±63.1
Serum Control group BSET group
Triglyceride (mg/dl) 62.9±10.7 18.5± 5.4
Cholesterol (mg/dl) 120.8±22.8 118.6±12.2
Glucose (mg/dl) 231.7±20.3 191.0±22.2
AST (U/L) 68.3± 4.3 58.5±11.4
ALT (U/L) 30.8± 9.3 26.8±10.4

参考文献

1. Itoh M., et al.
HPLC analysis of lipoproteins in culture medium of hepatoma cells: an in vitro system for screening antihyperlipidemic drugs.
Biotechnol. Lett. 31: 953–957,20092. Itoh M., et al.
Lupeol reduces triglyceride and cholesterol synthesis in human hepatoma cells. Phytochemistry Letters. 2 :176–178, 2009

3. Takahashi J., et al.
In vitro screening for antihyperlipidemic activities in foodstuffs by evaluating lipoprotein profiles secreted from human hepatoma cells.
J. Nat. Med. 65: 670-674, 2011

4.メタボ改善素材開発におけるリポタンパク質プロファイル解析の意義と応用
~機能性素材探索からヒト臨床試験まで~
NewFoodIndustry Vol.54 No.4(19), 2012

サービス価格・検体送付方法 等

お客様の試験系にて取得した培養上清サンプルを弊社へ送付頂き、弊社にてリポタンパク質を解析致します。
【価格 (税別)
<大学ご所属の皆様>  Cho&TG :18,000円、 FC&PL:30,000円
<企業ご所属の皆様>  Cho&TG :24,000円、 FC&PL:36,000円

【検体量】 培養上清 300μL 培養に用いている培地 600μL・・・培地の測定をご希望の方のみ
(培地の測定データをバックグラウンドとして差引くことにより、細胞から分泌されたリポタンパク質のデータを算出できます。ただし培地測定費用も別途必要です。)【送付方法】 凍結保存してお送り下さい。冷蔵検体での測定をご希望の場合は数検体であれば対応可能です。その場合は採取後、1週間以内に送付下さい。(事前に送付日の予定もご相談下さい。)

【注意事項】
- 凍結融解を繰り返すことにより、リポタンパク質の分解が促進される可能性があります。
- 元々のサンプル濃度によっては、N.D.となる可能性がありますので、ご了承下さい。
- バックグラウンドとなる培地測定にも、サンプルと同じ料金が発生します。不要の場合にはお申し付け下さい。
- 細胞試験から委託希望される場合、弊社提携先企業をご紹介可能です。ご相談下さい。
- サービス内容、価格は予告なく変更することがございます。予めご了承下さい。

サンプル送付先・お問い合わせ先

【サンプルの送付先】 秋田県弊社解析センター宛てにお送り下さい
サンプルの送付方法についてはお問い合わせ下さい株式会社スカイライト・バイオテック 解析センター

住所:
〒011-0911 秋田県秋田市飯島字砂田100-4
TEL:
018-880-5060

※ サンプル受取日: 月曜日~土曜日。
日曜・祝日や年末年始等の長期休暇は受取が出来ませんので予めご確認下さい
※ 検査依頼書を同梱のうえ送付して下さい

【お問い合せ先】 ご不明点や御見積は、お気軽に以下連絡先へお問い合せ下さい。株式会社スカイライト・バイオテック 東京サービスセンター

TEL:
03-3525-8077
E-mail:
info@skylight-biotech.com
Web:
http://www.skylight-biotech.com/